スポーツ重要性

サッカー

近年では、多くのサッカー選手たちが自らのプレーの質を証明することでクラブから高額な年俸を得ています。サッカー界では選手の評価を決める一つの目安として、結果を重視しているのです。

ゴール数やアシスト数など目に見える数字はもちろん、ディフェンスの場合はどれくらい相手チームの決定機を防いだのかという分析をきめ細かく行うことによって、より正確な値を算出しています。ゴールを積み重ねて結果をしっかりと出している選手は、それだけチームへの貢献度が高いとみなされますのでお金をたくさんもらうことにつながっています。年俸が大幅にアップすることによって、選手のモチベーションも高まります。

その一方、あまり活躍できなかった場合は、一気に年俸ダウンとなることもあり得ます。プロのスポーツ選手として厳しい環境の中に身を置いて必死に努力を重ねているのです。クラブチームによっては、システムにあまり合わないと判断したプレイヤーは契約がまだ残っている間に他のチームに移籍させることで、多額の移籍金を得ることができると画策するところもあります。
このように、サッカー界の各チームにおいてお金の果たす役割は非常に大きなものがあるのです。

サッカー選手は金が評価を表す

サッカーボールと女性

ヨーロッパのサッカー界では、移籍市場という言葉があることから分かるように、選手に対し、明確に値段を付けて、ビジネスライクに選手の移籍が行われています。

 

移籍をする際に、移籍元のクラブに支払われる移籍金は、移籍市場の相場を元にクラブ間の駆け引きが行われ、時にはディスカウントされ、時には大きく上乗せされ、最終決定されます。

もしも市場評価額を大きく上回る移籍金となれば、そこまでして獲得したいだけの才能を持った選手であると判断されますが、同時に、それ相応の活躍を求められるため、そのプレッシャーを跳ね除けて結果を残すのも、プロスポーツ選手の資質として見られる厳しさが伴います。

最後に移籍金の支払いが行われた後、正式に移籍先のクラブに選手登録されると、その金額が選手の相場となり、以後の活躍によって増減します。そして、次のシーズンオフの移籍期間には、その相場を元に移籍が行われると言う、サッカーならではのドライな世界が、そこにあります。